ハマウツボ

ハマウツボ(ハマウツボ科)[浜靫]

名は浜に生えて花穂が矢を入れるうつぼに似ていることによる。浜に生え、ウツボグサに似ているからという説もある。砂浜からにょきっと生えている姿に驚かされることが多い。全国的に分布するが絶滅危惧Ⅱ類(VU)となっている。
ヨモギ属の根に自らの根を食い込ませ養分を吸い取る葉緑体のない1年生の寄生植物で、高さ10-30cmになる。 海岸や河原の砂地に生え、特にハマオトコヨモギカワラヨモギに多く寄生する。根茎は肥大して塊状。黄褐色の茎は太い円柱状で直立し、白色の軟毛が生え、鱗片状に退化した葉がまばらに互生する。鱗片葉は黄褐色、長さ1-1.5cmの狭卵形~披針形で先は膜質となってとがる。
茎の上部1/2ほどを占める花穂に淡紫色の花を密につける。花軸、苞、萼、花冠には白い軟毛がやや密に生えるが腺毛はない。花は柄がなく、鱗片状の苞の腋に1個ずつつく。苞は長さ1.5cmの披針形~3角状卵形で先はとがる。萼は膜質で長さ1cm、2片に深裂してさらに2裂して先はとがる。花冠は太い筒部のある長さ約2cmの2唇形。上唇は浅く2裂、下唇は3裂し、裂片の縁は波打つ。雄しべは4個で花筒の内面に付着して花筒から外に伸びず、背面の2個は腹面の2個よりやや長い。葯は2室で平行してつき、下端はとがる。雌しべは1個で花柱は細長く、先は広がり浅くへこむ。子房は上位、1室で4個の胎座がある。
果実は長さ約1cmの狭楕円形の蒴果で、萼に包まれ熟すと2裂する。種子は黒色で微細な球形で網目模様がある。種子は宿主の根に接触しないと発芽しないという。
丘陵地の日当たりのよい草地に生え、オトコヨモギに寄生し、全体に毛が少ないものをオカウツボというが、YListでは区別せず、別名としている。同属の帰化植物であるヤセウツボがはびこっており、全体に短い腺毛が密に生え、花は淡黄色。
花期:5-7月
分布:日本全土
撮影:2005.7.3 青森県東部
ハマウツボ-2
花軸、苞、萼、花冠には白い軟毛が密に生えるが腺毛はない。
1998.7.5 青森県東部

ヤセウツボに戻る カワラヨモギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。