ハマウツボ

ハマウツボ(ハマウツボ科)[浜靫]

砂浜からにょきっと生えている姿に驚かされることが多い。名は浜に生えて花穂が矢を入れるうつぼに似ていることによる。ヨモギ属の根につく葉緑体のない1年生の寄生植物で、高さ10-25cmになる。黄褐色の茎は直立し、鱗片状に退化した葉がつく。特にハマオトコヨモギカワラヨモギに多く寄生する。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
花期:5-7月
分布:日本全土
撮影:2005.7.3 青森県

ヤセウツボに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。