ハナマキアザミ

ハナマキアザミ(キク科)[花巻薊]

山地の林縁などに生え、高さ1-2mになる多年草。茎は直立するが細く、上部が傾いて倒れているものが多い。
根生葉は花時には枯れている。葉は互生し、長さ20-30cmの長楕円状披針形。基部は茎を抱かない。
多数の頭花を長い花柄の先に横~下向きにつけ、総苞は鐘筒形でクモ毛が密生し、外片は短いがやや反曲する。総苞は産地によって粘るものと粘らないものがある。
花期:9-11月
分布:岩手県・秋田県
撮影:2005.9.20 岩手県一関市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。