ハンゲショウ

ハンゲショウ(ドクダミ科)[半夏生・半化粧]

名は、通説では暦の七十二候の一つである半夏生(夏至から11日目)のころに白い葉をつけるためというが、その7月2日ころ、東北地方では葉がまったく白くなっていないのでどうもピンとこない。異説としては、葉の半分が白いことから「半化粧」といったもの。同じ意味で別名カタシログサ(片白草)という。こちらであれば東北地方でも沖縄県でもどこに住んでいても納得がいく。まあ、名付けるときはそんな不都合は考えないだろうが。
低地の湿地や沼沢地に生え、高さ0.5-1mになる多年草で全体に臭気がある。根茎は白く、水辺を横走する。
葉は互生し、長さ5-15cm、幅4-9cmの長楕円形または卵状心形で5-7脈があり、葉柄は長さ1-5cmで幅が広く、背面に稜がある。花穂と対生する葉の一部が花時に白くなって昆虫を誘引し、結実すると徐々に緑白色に戻る。托葉は膜質で一部葉柄に合着する。
上部の葉の葉腋から出た長さ10-15cmの花穂に小さな花を総状に多数つけ、基部から順に咲き進み、花穂は初めは垂れているが開花につれて立ち上がる。花序の軸は白色で縮毛がある。花は2-3mmの小花柄がある両性花で、萼も花弁もない裸花。3-5裂した雌しべと6-7個の雄しべからなる。
果実は球形で無毛。種子は各心皮に1個ずつ入っている。
花期:6-8月
分布:本・四・九・沖
撮影:2005.7.30 秋田県北部
ハンゲショウ-2
2016.6.17 神奈川県横須賀市

ハンゲショウ-3
花は下から咲き進み、花穂はしだいに立ち上がる。 2017.7.6 横浜市戸塚区

マタタビに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。