ハルジオン

ハルジオン(キク科)[春紫苑]

ハルシオンともいう。1年草または多年草。野原や道端に普通にあり、昔から日本にあった雑草だと思っている人が多いが、北米原産で大正時代に観賞用に日本に持ち込まれたものが野生化して全国に広がった。普通は白色のものが多く、あまり振り向かれることもないが、上の写真のような個体を見ると観賞用とされた片鱗がうかがえる。蕾は首をうなだれ、咲くにしたがって上を向くようになる。若いころのものは食用になり、結構おいしい。ヒメジョオンと似ているが、ヒメジョオンは随が詰まっているので茎を切ってみれば中空のハルジオンと区別できる。
花期:5-7月
分布:帰化植物
撮影:2003.5.25 青森市

ヒメジョオンに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。