ハルトラノオ

ハルトラノオ(タデ科)[春虎の尾]

山地の樹林下に生え、花茎の高さ15-25cmになる多年草。根生葉は卵形~卵円形で先がとがり、全縁で長い柄がある。長さ2-4cmの花穂を出し白い花をつける。白いのは花被(萼)で、5深裂する。赤い葯をつけた雄しべが目立つ。別名イロハソウといい、春早く咲くので47文字のイロハにたとえたものという。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2004.5.6 群馬県富士見村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。