ハシリドコロ

ハシリドコロ(ナス科)[走野老]

名は、地下の根茎がオニドコロに似ていて、誤って食べると走り回って苦しむことからついたもの。
山地の谷沿いの湿った木陰に生え、茎は無毛で軟らかく、直立してまばらに枝を分け高さ30-60cmになる多年草。根茎はオニドコロに似ていて太くて節があり、横にはう。
葉は互生し、軟らかくて大きく、長さ6-18cm、幅2.5-6cmの長楕円形で全縁、先はとがり下部は狭まって柄となり、両面とも無毛。
葉腋から花柄を出し、長さ幅とも2cmほどの釣鐘形の花を1個、葉の下に隠れるように下向きにつける。萼は広鐘形で膜質、浅く5裂し、花後に大きくなり果実を包む。花冠は狭鐘形で浅く5裂し、外面が暗紅紫色、内面が黄緑色。雄しべは5個で花糸の基部は有毛、葯は楕円形で2室、縦に裂ける。子房は上位で2室、花柱は1個で糸状。
果実は直径1cmの球形の蒴果で大きな萼に包まれ、横に割れて上半部が取れて種子を散らす。種子は長さ2-3mmのゆがんだ卵形の蒴果。種皮に粗い網目模様がある。
若葉はみずみずしく、いかにもおいしそうに見えるが、全草にアルカロイドを含み有毒。製薬原料としても使用され、根茎を乾燥したものはロート根といい、エキスは鎮痛薬や眼薬の原料となる。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2006.3.29 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。