ハシリドコロ

ハシリドコロ(ナス科)[走野老]

名は、地下の根茎がオニドコロに似て、誤って食べると走り回って苦しむことからついたもの。谷あいの湿った木陰に生え、高さ30-60cmになる多年草。葉は互生し卵状楕円形で無毛、葉腋から外面が暗紫色、内面が淡緑黄色の長さ2cmほどの釣鐘形の花をぶら下げる。若葉はみずみずしく、いかにもおいしそうに見えるが、全草にアルカロイドを含み有毒。製薬原料としても使用される。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2006.3.29 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。