ハチジョウナ

ハチジョウナ(キク科)[八丈菜]

八丈島の原産と間違えてこの名がついた。海岸の砂地や荒れ地に生え、高さ80cmになる多年草。北国の海岸では雑草のように繁茂する。葉は羽状に浅く裂けて基部は茎を抱く。裏面は粉白色をしている。茎の先で分枝して直径3cmほどの黄色の頭花を数個つける。ノゲシの仲間なので茎を切ると白い汁が出る。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2010.8.22 岩手県陸前高田市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。