ハチジョウナ

ハチジョウナ(キク科)[八丈菜]

八丈島の原産と間違えてこの名がついたという。
海岸の砂地や荒れ地に生え、茎は直立し、高さ0.3-1mになる多年草。長い地下茎があり、北国の海岸では雑草のように繁茂する。ノゲシの仲間なので茎を切ると白い汁が出る。
葉は互生し、長さ10-20cm、幅2-5cmの狭長楕円形で、縁に大小の鋸歯がありときに羽状に浅く裂け、基部は無柄でやや張り出して茎を抱く。両面無毛で表面の白い主脈がよく目立ち、裏面は粉白色。
茎の先で分枝して黄色の頭花を数個つける。頭花は直径3-4cmで80個以上の舌状花からなる。総苞は長さ1.5-2cmの広い筒形で密に綿毛がある。総苞片は4-5列で外側ほど短く、外片は卵状3角形。
果実は長さ3-4mmの無毛で扁平な痩果で縦に脈がある。冠毛は長さ1.3mmで純白、基部は環状にはずれる。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2010.8.22 岩手県陸前高田市
ハチジョウナの花
花は多数の舌状花からなる。 2016.7.29 神奈川県三浦市

ハチジョウナの葉
葉は茎を抱く。 2015.10.20 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。