ハチノヘトウヒレン

ハチノヘトウヒレン(キク科)[八戸塔飛廉]

名は、八戸市の海岸にあり、ナンブトウヒレンと思われてきたものが別種であることがわかり、生育地の名をとって名付けられたもの。2008年に門田裕一氏によってナンブトウヒレンとは別種であるとされ、新称ハチノヘトウヒレンSaussurea neichiana Kadotaとされた。種小名は八戸市在住の植物研究家根市益三氏にちなむ。
海岸沿いの風衝草原や林縁に生える多年草で、茎は高さ0.3-1.2mになる。茎には発達した翼があり、 鋸歯縁となることがある。
根生葉は長卵形で花時には枯れている。葉は深緑色で革質の長卵形。縁に鋭い歯牙がある。茎の中~上部の葉は上のものほど小さく、葉柄に広い翼があって茎に流れる。
花柄は短く、頭花は直径2cmほどで、総状につく。総苞片は8列で鋭角的に斜上または圧着する。 総苞外片は長卵形で先はとがる。
ナンブトウヒレンの総苞片は6列。
この画像は2004年(新種発表4年前)に撮影し、このサイトでナンブトウヒレンとして掲載してきたものであるが、ハチノヘトウヒレンとして改訂掲載した。
花期:8-9月
分布:本(青森県南部・岩手県北部)
撮影:2004.8.29 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。