ハゼラン

ハゼラン(ハゼラン科)[爆蘭]

名の由来は不明であるが、果実がよくはぜて種を飛ばすことから、小さな花がはぜた線香花火を思わせるから、など諸説ある。花が午後3-4時に開花するので、サンジソウとかヨジソウ、サンジバナともよばれる。英名のコーラルフラワーという名で売られてもいるようだ。
乾いた道端や人家の石垣などに生える熱帯アメリカ原産の1年草。明治時代の初めに観賞用に移入され、関東地方以西に広がっている。原産地では野菜として利用する。わざわざ栽培している人もいるが、ほかの鉢やプランターからも毎年勝手に生えてくる。以前の分類体系ではスベリヒユ科であったが、APGⅢではハゼラン科に分離された。
全体無毛で茎や葉はやや多肉で軟質。茎は円柱形で直立または斜上し、高さ30-80cmになる。
葉はやや光沢があって互生し、長さ3-10cm、幅1.5-5cmの楕円形~倒卵形で全縁、先はややとがり、基部はしだいに狭くなって短い葉柄になる。
夏から秋にかけて茎の上部で細かく分枝して大きな円錐花序をつくり、多数の紅紫色の小花をつける。花は直径6-7mm、萼片は早く落ちる。花弁は5個、長さ3-6mmで鈍頭。雄しべは15-20個、柱頭は3裂する。花は午後3時~4時に開花し、数時間後にしぼむ。
果実は直径3-5mmの球形の蒴果で光沢があり、赤褐色に熟す。外果皮が3裂し、種子を出した後、白い内果皮が果枝の先に残る。種子は黒色で小さく、直径0.8-1mmの扁平な腎円形。表面に微細な突起が一面にある。
花期:8-10月
分布:帰化植物
撮影:2018.9.6 横浜市中区
ハゼランの花と果実
果実は光沢がある。 2007.10.7 東京都三鷹市

ハゼランの葉
垂直なブロック塀にも生えてくる。 2016.7.4 横浜市南区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。