ヘビイチゴ

ヘビイチゴ(バラ科)[蛇苺]

名の由来は、ヘビが出そうなところに生えるからとも、まずいのでヘビに食わせる程度だからともいわれているが、漢名の「蛇苺」の由来は後説だという。
以前はヘビイチゴ属に分類されていたが、現在はキジムシロ属に含められている。
田のあぜや道端など、日当りのよい湿った草地に生える多年草で、匐枝を出して節から出根して殖える(栄養繁殖)。
葉は明るい緑色の3出複葉で互生する。小葉は長さ1.5-2.5cmの広卵形で先は円く、縁は重鋸歯となることが多い。側小葉はときに浅く2裂し、5小葉に見えるものがある。葉柄には白毛が生える。
花は葉腋から出る長い花柄の先に1個つき、直径1.2-1.5cmの黄色の5弁花。萼片は3角状で5個あり、下垂する葉状の副萼片より小さい。副萼片は5個あり、先が3裂し長毛が生える。副萼片は垂れ下がっているので上からはほとんど見えない。
花後に花床が肥大して直径0.8-1.2cmの丸い偽果(イチゴ状果)ができる。果床は淡紅色で光沢がない。果実(偽果の表面の粒々の部分)は紅色の痩果で、しわがあってこれも光沢はない。
偽果は無毒だが、海綿質で水気も甘みもなく、食べてもまずい。
よく似たヤブヘビイチゴは、葉は濃緑色で小葉が大きく、ヘビイチゴに比べて細長い。また、花は直径2cmほどあり、上から大きな副萼片がよく見える。偽果は直径2cmほどで、果床は赤く強い光沢があり、痩果にはしわがなく光沢がある。
よく混生しているオヘビイチゴは5小葉であることで区別できる。
ヒメヘビイチゴは、山地の日陰に生え、花期は夏で花の直径は7mmほどと小さく、実は赤熟しない。
花期:3-6月
分布:日本全土
撮影:2016.4.19 横浜市中区
ヘビイチゴの偽果
ヘビイチゴの偽果。果床はつやがなく白っぽい。痩果にしわ(突起)があるのが見える。2015.5.18 横浜市中区

ヤブヘビイチゴに戻る オヘビイチゴに戻る ミツバツチグリに戻る

ヒメヘビイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。