ヘラオオバコ

ヘラオオバコ(オオバコ科)[箆大葉子]

荒れ地や道端などに生えるヨーロッパ原産の1年生の帰化植物で、江戸時代末期に渡来したと考えられている。葉は長さ10-30cmで細長く全て根生する。名はこの葉の形から来ている。花茎は20-70cmで小さな花序を穂状につける。特に北海道に多い。
花期:5-8月
分布:帰化植物
撮影:2008.6.8 青森県六ヶ所村
ヘラオオバコ-2
2010.6.19 青森県三沢市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。