ヒゲコスミレ

ヒゲコスミレ(スミレ科)[髭小菫]

コスミレの品種で、コスミレの側弁の基部に毛があるものをいう。
ヒゲコスミレは西日本に多く、東日本ではあまり多くないのだという。下の写真で側弁の基部に白毛が数本写っているが、この程度のものをヒゲコスミレとよんでいいのかどうかよくわからない。
コスミレはこれといった際だった特徴がなく、また変異の幅が広いのでなかなか同定の難しい種類で、アカネスミレやその近似種のオカスミレと迷うことが多い。典型的なコスミレならば、全体が無毛であることや側弁の基部も無毛なので、その特徴から区別がつく。しかし、このヒゲコスミレのように、側弁が有毛のものもあるのでいっそう悩むことになる。
アカネスミレなのか、コスミレなのかは、側弁の開き方や距の太さなども含めて総合的に判断しなければならない。
花期:3-5月
分布:本・四・九
撮影:2015.4.6 横浜市中区
ヒゲコスミレ-2

コスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。