ヒゴスミレ

ヒゴスミレ(スミレ科)[肥後菫]

名の由来は不明であるが、発見地、あるいは命名時の標本採集地が熊本県であったことなどが考えられる。
山地の日当りがよく乾燥した草地や疎林内に生える多年草。無茎性のスミレで、スミレとしては珍しく、複葉で細かく裂ける。西日本中心に分布し、東北地方ではごくまれ。分類上、ナンザンスミレの変種とされたり品種とされたりして、はっきりとは定まっていないようだ。
葉柄は紫褐色で根元から伸び、3全裂し側裂片がさらに2全裂して5全裂状になり小葉はさらに細かく切れ込む。全体として5角形に見える。葉の裂片の幅は地域によって変異がある。
高さ5-12cmの紫褐色の花茎の先に1個だけ直径1.5-2cmの白い唇形花をつける。西日本では地域によって花弁の裏側に紅紫色の筋が入るもの、また淡紅色の花をつけるものがある。花は芳香のあるものが多い。
花弁の基部は黄緑色で側弁の基部に毛がある。唇弁は紅紫色の筋が入り、距は太く長さは4-6mmでやや紅紫色を帯びる。萼片は披針形で付属体が切れ込むものも見られる。
果実は蒴果で熟すと3つに裂開して種子を弾く。
葉が切れ込むスミレは、ほかにナンザンスミレ、エイザンスミレがあるが、エイザンスミレは、半日陰に生え、ヒゴスミレと同じく3小葉で側裂片はさらに2裂するので5小葉に見えるものがあるが、ヒゴスミレのようさらに線形に細裂することはないことで区別できる。花も淡紅紫色で一回り大きく、直径2-2.5cmある。
中国産で、ヒゴスミレと称した園芸種が出まわっており、花付きがよく花弁もふっくらとして円く大きい。ときに野生化しており、自生種だと思い込んで感激のあまりインターネット上で紹介しているサイトも見受けられる。国産のヒゴスミレも栽培は難しくないそうで、これも都市部で逸出している。
花期:4-5月
分布:本(宮城・秋田県以南)・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。