ヒメヘビイチゴ

ヒメヘビイチゴ(バラ科)[姫蛇苺]

ヘビイチゴに似ていて、姿が小さいのでこの名があるが、花期や趣きはかなり異なる。
山地の湿った日陰や水田のあぜなどに生える軟弱な多年草で高さ10-20cmになる。茎は開出毛があってつるになって分枝し、地をはって節から根を下ろしながら長く伸びる。
葉は互生し、薄い3小葉で小葉は長さ1-2.5cm、幅0.7-2cmの倒卵形で鋸歯があり、表面は明るい緑色で、裏面は脈上に伏毛があり粉白色を帯びる。托葉がある。
花は小さく、直径7-8mmで、葉と対生してつき、ときに2-3個が散房状になる。小花柄は細く、長さ1-4cm。花弁は5個で黄色、萼片と互生し、萼片より大きく先はくぼむ。萼は5深裂し、萼片は狭卵形で鋭頭。副萼片も5個で萼片とほぼ同長、萼片と互生する。雄しべは多数で葯は楕円形。花床は円錐形でヘビイチゴやヤブヘビイチゴと違って花後に肥大しない。
果実はイチゴ状果にならず、広卵形で無毛の痩果が接してつく。少し縦じわがある。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.30 岩手県北上市
ヒメヘビイチゴ-2
2010.6.12 岩手県宮古市

ヘビイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。