ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(バラ科)[姫金水引]

山地の谷沿いなどに生え、高さ30-70cmになる多年草。キンミズヒキによく似るが、全体に小さく、キンミズヒキの小葉が5-9個あり、花の直径が0.6-1.1cm、雄しべは8-14個あるのに対し、小葉は3-5個で先は円く、花の直径は直径5-7mm、雄しべは5-8個。何よりも生える環境が大きく違い、本種は山地の谷沿いに生える。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2010.9.26 秋田県能代市

キンミズヒキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。