ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(バラ科)[姫金水引]

キンミズヒキに似て、全体に小さいのでこの名がある。
丘陵地~山地の林下や谷沿いなどに生え、茎は細く、まばらに分枝し高さ30-70cmになる多年草。全体に毛は少ない。
葉は3-5小葉からなり、小葉は薄く、楕円形~倒卵形であまりとがらず、縁にやや円みのある鋸歯がある。裏面の腺点は不明瞭。
茎頂の総状花序は細く、まばらに黄色の花をつける。花は直径5-7mmで花弁は5個、長さ3-4mm、幅1-1.2mmの長楕円形で幅が狭い。雄しべは少なく、5-8個。
果時の萼筒は小型で長さ2mm、直径2-3mm。肋の上に硬い伏毛があり、かぎ状の刺は少なく、長さ2mm。内側に湾曲する。
よく似たキンミズヒキは全体に大きく、小葉は5-9個あり、花の直径が0.6-1.1cm、雄しべは8-15個ある。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2010.9.26 秋田県能代市

キンミズヒキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。