ヒメナミキ

ヒメナミキ(シソ科)[姫浪来]

名は、ナミキソウに姿が似て小さいことから。湿地に生え、高さ10-40cmになる無毛の多年草。地下に細い走出枝を出して殖える。葉は、長さ1-2cmで鈍頭の狭卵状3角形で、1-2対の低い鋸歯がある。対生する葉の両方の葉腋に、わずかに淡紅紫色を帯びた白色の唇形花を1つずつ並んでつける。花冠の長さは7mmほどで、下唇には淡紫色の斑点がある。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.9.24 岩手県山形村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。