ヒメシロネ

ヒメシロネ(シソ科)[姫白根]

山野の湿り気のあるところに生え、茎は細く無毛で4稜があり、高さ30-70cmになる多年草。白色の太い地下茎がある。シロネの名はここからついたもので、ヒメはシロネより葉が細く優しい感じがすることから。
対生する葉は光沢があり、長さ4-8cm、幅0.5-1.5cmの披針形~広披針形で鋭い鋸歯があり、先は鋭くとがる。シロネの仲間では一番葉が細長い形をしている。
葉腋に直径5mmほどの白色の唇形花を多数つける。花冠は長さ5mmで上唇より下唇がやや大きい。上唇はごく浅く2裂し、下唇は3裂し中裂片に赤い斑紋がある。雄しべは2個。萼は長さ4mmで5中裂し、裂片は3角状披針形で先が刺状に鋭くとがる。
果実は長さ1.5mmの分果で3稜があるくさび形。
良く似たものに平地の湿地に生えるコシロネシロネ、山間の湿地に生えるエゾシロネある。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:1999.8.29 青森県八戸市
ヒメシロネ-2
萼裂片は刺状。 2005.8.28 秋田県能代市

コシロネに戻る エゾシロネに戻る シロネに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。