ヒメシャガ

ヒメシャガ(アヤメ科)[姫射干]

シャガに似て小型なのでこの名があるというのだが、花の色や模様が違うので間違うことはない。山地の斜面や岩場に生える多年草で、高さは30cmほど。葉は光沢がなく、冬には枯れる。花は外花被片に紫色の筋と黄色の斑紋がある。内花被片は先端が切れ込む。準絶滅危惧(NT)。多くの文献に北海道(西南部)の分布を記載しているが、青森県には自生しないことから北海道で自生があるとは思えない。
花期:5-6月
分布:本(秋田・岩手以南)・四・九(北部)
撮影:2011.6.4 秋田市

シャガに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。