ヒメウツギ

ヒメウツギ(アジサイ科)[姫空木]

名は、ウツギに似て小さいことからついたもの。
山地の川沿いの日当たりのよい岩上に生える落葉低木で、株立ち状になり高さ1-1.5mになる。
樹皮は灰褐色で短冊状にはがれる。髄は中空。若枝は緑褐色で細く無毛、髄は中実。
葉は対生し、長さ4-10cm、幅1.5-3cmの長楕円状披針形~狭卵形で先はとがり、基部は広いくさび形~円形。縁に細かい鋸歯がある。葉は質が薄く、表面に星状毛を散生するが、裏面は無毛でざらつかない。葉柄は3-9mmで無毛。
枝先に狭い円錐花序を出し、直径1-1.5cmの白色の花を斜め下向きに多数つける。花弁は5個あり、長さ0.7-1cmの楕円形~長楕円形で平開する。雄しべは10個で長短がある。花糸の両側に翼があり、上部はしだいに広がって先はとがる。花柱は3-4個。花弁とほぼ同長。萼筒は直径2mmの半球形で星状毛が散生する。花柄は無毛。
果実は直径3-4mmの椀形の蒴果で残存した萼片と花柱がある。種子は褐色で長さ0.8mmの楕円形。
マルバウツギは、葉が楕円形~卵形で花序のすぐ下の葉は茎を抱く。
花期:4-5月
分布:本(関東以西)・四・九
撮影:2017.4.20 神奈川県横須賀市
ヒメウツギ-2
花糸の両側に翼がある。 2017.4.20 神奈川県横須賀市

ヒメウツギ-3
2017.5.1 神奈川県逗子市

マルバウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。