ヒメウズ

ヒメウズ(キンポウゲ科)[姫烏頭]

「烏頭(うず)」とはトリカブトのことで、それに似て小さいことからついたといわれるが、花はトリカブトには似ていない。しいて言えば根茎か果実が似ているかもしれない。
花期は長いが、咲き始めは早い。普通3月からとされるが、2月の初めには咲き出している。他の花が萌え出す前に細い茎を立ち上げ、小さな花をうつむき加減に咲かせる。そのころ近くで目立っているのはオオイヌノフグリぐらいのもので、これから訪れる春花の盛りを予感させ、わくわくさせてくれる花だと思う。ただ、花は小さく、茎は針金のように細くて少しの風にもなびき、撮影しにくい花の一つ。
葉は確かにオダマキに似ているが、距がごく短く花外に突き出ないことなどから、現在は独立したヒメウズ属とされることが多い。
人家に近く、よく日が当たる草地や土手、石垣や道端などに生える多年草で、茎の上部で分枝して高さ10-30cmになる。茎は紫褐色を帯び、短毛が生える。地下の塊茎は長さ1cmの長楕円形。
根生葉は前年の秋に出て越冬し、長い柄がある3出複葉。小葉は2-3裂し、裂片はさらに浅く2-3裂する。裂片の先は円い。裏面は紫色または白色を帯びる。
茎葉は2回3出複葉で柄は短く基部は茎を抱く。上の葉ほど小さくなり、柄も短くなる。葉柄にも短毛が生える。
細い茎の先に、白色にやや紅紫色を帯びた花を下向きにつける。花弁状の萼片は5個あり、長さ5-6mmの長楕円形で、花弁、雄しべ、雌しべを囲む。花弁は長さ2.5mmほどで直立し、基部にある距はごく短い。雄しべは9-14個。雌しべは4個でその数の果実ができる。花柄には短毛が密生する。
果実は長さ5-6mmの袋果で2-4個が上向きにつく。種子は長さ1-1.4mmの卵形で黒く熟し、しわがある。
毒草であるが、中国では全草を天葵<てんき>、根を天葵子<てんきし>といい、乾燥して解熱や利尿に用いる。
花期:2-5月
分布:本(関東以西)・四・九
撮影:2016.3.25 神奈川県横須賀市
ヒメウズの花
花弁状の萼片の隙間に先が小さく膨らんだ距が見える。茎や花柄には短毛が生える。 2016.2.9 神奈川県鎌倉市


萼片に囲まれた花弁は直立し、短い。2017.3.24 神奈川県葉山町

ヒメウズの果実(袋果)
若い果実(袋果)。熟すと内側から裂開して種子を出す。
2016.2.9 神奈川県鎌倉市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。