ヒルガオ

ヒルガオ(ヒルガオ科)[昼顔]

アサガオと同じく一日花であるが、アサガオが朝のうちにしおれてしまうのに対し、真夏の日中でも咲いているのでこの名がある。万葉集で詠まれた容花(かおばな=美しい花の意)は本種を指していると考えられている。むしり取ると雨が降るといわれ、方言で「雨降り花」というところも多い。
日当たりのよい人里の肥沃な野原や道端に生えるつる性の多年草で、ヨモギセイタカアワダチソウなど他の草やフェンスなどに絡んで伸び、長さ2-3mに達する。つるは正面から見て左下から右上に向かって巻き上がっていく。普通は結実せず、白く細い地下茎を伸ばして殖える。駆除の難しい厄介な雑草で、地下茎は引っ張ると簡単にちぎれ、そこからまた花茎を出す。トラクターで耕起すると、地下茎はずたずたに細切れになるが、その全てが再生して芽を出し、ゾンビのように殖える。
葉は長さ1-4cmの柄があって互生し、長さ5-10cm、幅1-4cmの長楕円形で基部の両側は斜め後方に張り出してとがり、ふつう分裂しない。
葉腋から出た長さ3-4cmの花柄の先に、淡紅色で長さ・直径とも5-6cmの漏斗形の花を1個つける。花柄の先に縮れた翼はない。花のつけ根に苞より小さな萼とそれに接して2個の苞がつく。萼は先が5裂するが苞に隠れてよく見えない。苞は長さ2-2.5cmの卵形で鈍頭~ややへこみ、基部はやや心形。雄しべは5個が花筒基部近くにつく。子房は上位、花柱は1個で柱頭は2裂。
果実は蒴果だが、ふつう稔らない。
若葉、つる、花はゆでて食用とする。冬には地下茎を掘って食べる。生薬名は旋花(せんか)といい、全草を陰干しししたものを煎じて利尿、強壮などに用いる。
よく似たコヒルガオは花の直径は3-4cmで色が薄く、葉の基部が横に張り出し、張り出した部分が2裂するものが多い。また花柄の上部に縮れた翼があることで区別できる。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:1999.7.3 青森県八戸市

コヒルガオに戻る ハマヒルガオに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。