ヒサカキ

ヒサカキ(モッコク科)[柃・姫榊・非榊]

名の由来は、サカキに似て小型なので姫サカキ→ヒサカキ説、サカキに似てサカキではないということで非サカキ→ヒサカキ説、実が多いことから実栄樹〔ミサカキ〕→ヒサカキ説などがある。
伝統的な分類体系ではツバキ科とされていたが、APGⅢ分類体系ではモッコク科(ツバキ科・ペンタフィラクス科ともいう)とされた。
やや乾燥した丘陵地の林内に普通に生える雌雄異株の常緑低木~小高木で高さ2-10mになる。庭や生垣、公園に植栽される。
樹皮は灰褐色で平滑、不規則なしわが多い。本年枝は淡緑色。
葉は互生し、厚い革質で無毛、長さ3-8cm、幅1.5-3cmの楕円形~倒披針形。縁に鈍鋸歯があり基部はくさび形で先は突き出るがわずかにへこむ。表面は濃緑色で光沢があり、裏面は淡緑色で網目状の葉脈が目立つ。葉柄は長さ2-4mm。
葉腋に黄白色で直径3-6mmの壺形~鐘形の花を1-3個下向きにつける。花は強い臭気があり、ときに紫色を帯びる。雌雄異株であるが両性花をつけることがある。
花弁は5個で基部がわずかに合着する。雄花は雄しべが10-15個あり雌しべは退化、雌花は雄花より小さく、雌しべが1個あり花柱は3裂して反り返る。雄しべは退化。萼片は暗紫色で5個。
果実は直径4-5mmの球形の液果で晩秋に紫黒色に熟す。種子は赤褐色で長さ2mm、表面に網目模様がある。
枝葉はサカキの代用として神前に供えるが、仏前に供える地方もある。材は器具、薪炭に、灰汁は媒染料に用いられる。
サカキは雌雄同株で花が大きく、直径1.5cmほどある。葉は長さ7-10cm、全縁で光沢はない。
ハマヒサカキは葉の長さは2-4cm、葉先が円い。
花期:3-4月
分布:本(岩手、秋田県以南)・四・九・沖
撮影:2006.3.24 東京都三鷹市
ヒサカキ(雄花)
雄花。多数の雄しべがある。 2015.3.28 横浜市中区

ヒサカキ(雌花)
雌花。3分岐した花柱と子房が見える。2006.3.24 東京都三鷹市

ヒサカキの花(萼)
萼は暗紫色。2015.3.28 横浜市中区

ヒサカキの果実
ヒサカキの果実。 2016.11.16 横浜市戸塚区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。