ヒトツバハギ

ヒトツバハギ(コミカンソウ科)[一葉萩]

名は、単葉でハギに似た木の意で、ハギの仲間ではない。帰化植物で最近都市部ではびこっているナガエコミカンソウに近縁。
丘陵~低地の林縁や川辺に生え、よく分枝して高さ1-3mになる雌雄異株の落葉低木。小枝は互生し秋に小枝が落ちる。
葉は2列に並んで互生し、長さ4-10cmの長楕円形で全縁、基部はくさび形で先はとがる。一見複葉のように見えるが単葉。両面無毛で質は薄く、脈は表面でしわ状にくぼみ、裏面に隆起する。葉柄は長さ0.2-1cm。
花は花弁はなく、萼片が5個ある。雄花は淡黄色で葉腋に多数束生し、雄しべ5個と退化した雌しべがある。雌花は長さ1cmほどの柄があって淡緑色で葉腋に1-5個つき、子房は扁球形で3個の花柱は反り返る。
果実は直径4-5mmの蒴果で褐色に熟し、音をたてて裂け、種子を飛ばす。種子は褐色で長さ約2mmほど。
アマミヒトツバハギ は葉が倒卵形で厚く、先は円い。
花期:6-7月
分布:本(福島県以南)・四・九
撮影:2016.6.8 横浜市戸塚区
ヒトツバハギ-2
花は地味だが、葉腋に多数つくのでよく目立つ。

ヒトツバハギ-3
雄しべがよく目立つ雄花。雌株もあるはずだが、このときは見つけることができなかった。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。