ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ(キク科)[鵯花]

ヒヨドリの鳴くころに咲くのでこの名があるといわれるが、何か素直に納得がいかないのはなぜだろうか。ヒヨドリの鳴く季節にはほかにもたくさんの種類の花が咲いているだろうになぜこの花なのか。ほかに、葉をヒヨドリの翼に見立てたという説、花がらを乾かして火口(ほくち)に使ったので火熾し花(ひおこしばな)の転という説がある。
秋のやや乾いた野山に普通に生育し、上部で盛んに分枝して高さ1-2mになる多年草。フジバカマのような香気はほとんどない。茎に縮れた短毛があってざらつく。地下茎は短い。
葉は薄く、短い柄があって対生し、ふつう分裂しない。葉身は長さ10-18cm、幅3-8cmの卵状長楕円形~楕円形で縁に鋭い鋸歯があり、先は短くとがり基部はくさび形で急に狭くなって柄となる。両面に縮れた短毛を散生し、裏面に腺点がある。葉形は変化が大きく、羽状に切れ込むもの、線形のもの、3分裂するものなどがある。
頭花は中部から上の枝先にややまばらな散房状につく。頭花は5個の両性の筒状花からなり、総苞は長さ5-6mmの円柱形。外片は乾膜質で外側ほど短い。花床は平たく、浅い小穴がある。花冠は白色でまれに紫色を帯び、5歯がある。雌しべは1個で花柱は2裂して花冠から長く飛び出る。
果実は長さ3mmの5角柱の痩果で切頭、腺点と毛がある。冠毛は1列、同長で白色。
しばしば葉に黄色い斑紋が入るものがあり、キンモンヒヨドリとかキモンヒヨドリとよばれるときもあるが、単にジェミニウイルスの一種に感染した病変株。
よく似たサワヒヨドリは分枝せずにまっすぐ茎を立たせ、葉は無柄。またヨツバヒヨドリは葉が4輪生することで区別する。準絶滅危惧(NT)のフジバカマは茎の下部は無毛で葉が3深裂する。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2014.10.10 横浜市南区

サワヒヨドリに戻る ヨツバヒヨドリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。