ヒヨドリジョウゴ

ヒヨドリジョウゴ(ナス科)[鵯上戸]

果実をヒヨドリが好んで食べることからこの名がある。人家近くのやぶや山野に生えるつる性の多年草で、葉柄で他のものに絡みついて伸びる。全体に軟毛が密生する。葉は互生し、卵形で下部の葉は1-2対の裂片がある。葉と対生して花柄を出し、集散花序をつけて白色~淡紫色の花を咲かせる。花冠は5裂し、直径は1.2cm程度。実は球形の液果で直径8mm。
花期:8-9月
分布:日本全土
撮影:2002.9.22 東京都杉並区
ヒヨドリジョウゴの果実
ヒヨドリジョウゴの果実(液果) 2008.11.1 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。