ホオノキ

ホオノキ(モクレン科)[朴の木]

山地に生える落葉高木で高さ20-30mになる。葉は長さ20-40cmと大きいので昔から食物を盛ることに使われた。飛騨の旅館で出される朴葉味噌は、この葉の上に椎茸などを混ぜ込んだ味噌を載せてあぶり、ご飯のおかずにするものだ。花は直径10-15cmもあり、強い芳香を持つ。別名ホオガシワ
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.6.12 青森市

トチノキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。