ホソバウンラン

ホソバウンラン(オオバコ科)[細葉海蘭]

ユーラシア原産の多年草で、花卉として導入されたものが逸出したと考えられている。海岸の砂地や道端、空き地に生える。茎は直立し高さ30-80cmになる。葉は互生し、狭披針形~線形で無毛。枝先の総状花序にウンランとよく似た淡黄色の仮面状唇形花を多数つける。別名セイヨウウンランという。
花期:7-10月
分布:帰化植物
撮影:2009.7.25 青森県三沢市

ウンランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。