ホソバハマアカザ

ホソバハマアカザ(ヒユ科)[細葉浜藜]

海岸または内陸の砂地に生える全体無毛の1年草で、茎は直立しよく分枝して高さ30-50cmになる。全体が緑白色で茎に赤い縦筋が入る。秋に全体が紅葉する。東北地方ではハマアカザは普通にあるが本種はほぼ生育しておらず、神奈川県で初めてお目にかかった。
葉は互生し、多肉質で細長く、しばしばねじれる。長さ2-10cm、幅0.2-1.5cmの狭披針形~線形で縁は全縁または波状の歯牙がある。上部の葉ほど小さく、まれに下部がほこ形となる。
雄花と雌花が混じって葉腋に穂状につく。雄花は苞はなく、花被は4-5裂し、雄しべは4-8個。雌花は花被はなく、2個の苞があり果時に長さ3-4mmに大きくなり菱状3角形で果実(胞果)を包む。
種子は黒色または赤褐色、直径1.2-1.5mmの円形で光沢がある。
ハマアカザに似ているが、本種は葉が細く、果期が遅い。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2015.10.20 神奈川県横須賀市

ハマアカザに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。