ホタルカズラ

ホタルカズラ(ムラサキ科)[蛍蔓]

名は、点々と咲く蛍光色の花を蛍の光にたとえたもので、花後に基部からつる状に走出枝を伸ばすことからカズラとつけた。
日当たりのよい乾いた草地や疎林に生える多年草で、丈は10~20cmになる。全体に粗い開出毛が生える。茎は細く、花後に基部から横にはう長い走出枝を出して、先端から発根して翌年の新苗をつくる。
葉は互生し柄はなく、長さ2-6cm、幅0.6-2cmの狭長楕円形で、両面に剛毛が生える。葉は冬も枯れずに残る。
茎の上部の葉腋に直径1.5-2cmの青紫色の花をつける。蕾や完全に開ききらないうちは赤みが強い。花冠は5裂して平開し、裂片中肋に沿って毛が密生した白い隆起がある。萼は5深裂し、裂片は線形。雄しべは5個。
果実は卵球形で平滑な分果で白色。
樹林下でも見るが、そこでは名の由来のとおり、あたかもホタルが光を放っているような錯覚を覚える。この花の撮影は実は簡単ではない。花の色が薄かったり赤みが強く写ることが多く、色を正確に銀塩フィルム上に再現することが難しかった。デジタルカメラの出始めのころも、色が転ぶものがほとんどで使い物にならなかったが、最近のものはかなり優秀になったと思っている。また、この花は傷んでいることが多く、被写体向きの花は容易には見つからない。
花期:4-5月
分布:日本全土
撮影:2004.5.30 岩手県北上市
ホタルカズラ-2
蕾や咲き始めは赤みが強い。 2015.4.24 横浜市戸塚区

ホタルカズラ-3
咲いてしまうとすぐ傷んでくる。 2017.4.20 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。