ホトケノザ

ホトケノザ(シソ科)[仏の座]

対生する葉を仏像の台座のうちの蓮華座(連座)に見立ててこの名がついた。葉が段々につくので別名サンガイグサ〈三階草〉ともいう。
本種は不時開花(狂い咲き)をすることがあり、初冬の小春日和の日にぽつりと咲いているのを見ることがある。なお、春の七草のホトケノザとは本種ではなく、キク科のコオニタビラコのこと。
道端や畑に普通に生える2年草で、茎は4稜があり細く、基部で分枝して高さ10-30cmになる。
葉は対生して下部の葉は長い柄があり、茎の中部以上の葉は段状につき、無柄で長さ幅とも1-2.5cmの半円形で、対生した2個の葉によってまさに仏像の蓮華座とそっくり。両面に粗い毛があり、縁には鈍鋸歯がある。
上部の葉腋に長さ2cmほどの鮮やかな紅紫色の唇形花を数個輪生状に直立するが、さらに濃い赤の閉鎖花も多数つける。閉鎖花の中では、雄しべが自分の花粉を雌しべに渡して自家受粉してしまう。自家受粉はデメリットもあろうが、確実に子孫を残す一つの方法ではある。花冠は筒部が長く、長さ1.7-2cm。上唇はかぶと状で外面に開出毛が密生する。下唇は3裂し、中央裂片だけが大きく、2裂して基部は細くなる。各裂片に紫色の斑紋がある。萼は長さ5mmほどで密に毛があり、先端は5裂する。雄しべは4個で下の対が長く、上唇の内側に沿って斜上する。
果実は長さ2-2.5mmの4分果で3稜があり表面に白斑が散らばり、基部にエライオソームがついていてアリに運ばれる。
純白の花をつける品種は、シロバナホトケノザという。
花期:2-5月
分布:本・四・九・沖
撮影:2006.3.27 東京都調布市
ホトケノザ-2
上唇は外面に毛が多い。開口部の上唇側にわずかに葯が見えている。
2016.2.22 神奈川県横須賀市

ヒメオドリコソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。