ホザキノフサモ

ホザキノフサモ(アリノトウグサ科)[穂咲の房藻]

池や沼に生える常緑で水生の多年草。茎は細く、長さ0.3-3mになる。葉は水中の節に4個が輪生し、羽状に深裂して裂片は糸状に対生する。水面から突き出した穂状花序には葉がつかず、上部に雄花、下部に雌花をつける。別名キンギョモという。
花期:5-10月
分布:日本全土
撮影:2006.8.6 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。