ホザキノミミカキグサ

ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科)[穂咲の耳掻草]

名は花柄が短くて穂状に花が咲いているように見えることによる。湿地に生える多年生の食虫植物で、花茎の高さは10-30cmになる。ミミカキグサとよく一緒に生えている。地下茎に少数の捕虫嚢をつける。葉は長さ2-3.5mmのへら形。花茎の先に長さ4mmほどの淡紫色の花を数個つける。花の色はムラサキミミカキグサよりも薄い。
花期:6-9月
分布:日本全土
撮影:2006.8.20 秋田県中部

ムラサキミミカキグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。