フイリヒナスミレ

フイリヒナスミレ(スミレ科)[斑入雛菫]

ヒナスミレの葉の脈沿いに白斑が入るもので、ときどき見つかる。
山地の林下や林縁に生える多年草で地上茎のないスミレ。葉は深緑色で表面の脈に沿って白斑が入り、裏面は紫色を帯びるものが多い。
花期:3-5月
分布:北(南部)・本・四・九
撮影:2001.5.4 岩手県滝沢村

ヒナスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。