フジ

フジ(マメ科)[藤]

名の由来ははっきりしていないが、つるの繊維で布が織られていたことから、糸かけである「綜(ふ)を打つ」を意味する「綜打ち」が転訛したとの説がある。その他、つるをムチにしたことから、「ぶち」がふじに転訛したという説、吹き流しを意味するフキチリ(吹散)の転訛説など、取るに足らない説も含めて多数ある。別名ノダフジといい、摂津の国野田村(現在の大阪市福島区)がフジの名所だっだことからついたもの。
万葉集ではフジを詠んだ歌が27首あり、古くからその優美な花姿が愛されてきたことがわかる。家紋にも多く使われ、数十種あるという。観賞用に栽培され、多くの園芸品種があり主に棚づくりにする。花や新芽は食用にされ、果実は薬用(緩下剤)に利用される。つるはかごなどの工芸品の材料や縄の代用にされる。
平地~低山の林縁や崖に生えるつる性の木本で、高木に巻きついて登る。
樹皮は灰褐色でやや縦に浅く裂ける。つるは左巻き。「左巻き」とは、正面から見てつるが右下から左上に巻き上がっているものをいう(図鑑によって「左巻き」、「右巻き」の意味が違うので注意が必要)。
葉は互生し、長さ20-35cmの奇数羽状複葉。小葉柄は長さ3-4mm。小葉は5-9対あり、長さ4-10cmの長楕円形~狭卵形で質は薄く、基部はくさび形~円形、先はやや尾状にとがる。縁は全縁で大きな波状になる。両面とも初め毛が密生するが、のちにほぼ無毛となる。
本年枝の枝先に0.3-1mの長い総状花序を下げ、花序の基部の方から順に咲いていく。軸には花柄や萼とともに白短毛が密生し、花柄は長さ1.5-2.5cm。花は紫色~淡紫色、長さ1.5-2cmの蝶形花で芳香がある。萼筒は長さ4mmの広鐘形、萼片は5個で上の2個はごく小さく、下の3個は長さ2-4mmで先が鋭くとがる。苞は長さ1cmの披針形で有毛、早く落ちる。旗弁はほぼ円形で先端がわずかに突出し、基部は心形。翼弁は長さ1.4-2cm、竜骨弁は雄しべと雌しべを包み、先で合生する。雄しべは10個で9個と1個の2体。子房は柄があり、柱頭は小さい。
果実は長さ10-20cmの扁平で硬い豆果で、短毛が密生する。乾燥すると2裂してねじれ、種子をはじき飛ばす。種子は直径1-1.4cmの扁平な円形、褐紫色で光沢がある。
白花をつける品種をシロバナフジという。
中部地方以西に生えるヤマフジは、花序の長さが10-20cmと短くて丸っこく、花はほぼ一斉に開き、つるは右巻き(上から見て反時計回りに巻き上がる)、小葉は4-6対、苞は卵形であることで区別する。
花期:4-6月
分布:本・四・九
撮影:2008.5.18 秋田県八峰町
フジ-2
花は基部から咲いていき、垂れ下がる。 2017.5.2 神奈川県逗子市

フジ-3
2017.5.16 神奈川県横須賀市

フジの果実
豆果は2裂してはじける。 2016.10.11 神奈川県三浦市

クサフジに戻る ヤマフジに戻る フジカンゾウに戻る フジウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。