フッキソウ

フッキソウ(ツゲ科)[富貴草]

名は常緑の葉が茂る様子を家の繁栄にたとえたもの。庭園のグラウンドカバーとしてよく植栽される。
山地の湿り気のある樹林下に生える雌雄同株の常緑小低木。地下茎は長く横に伸びる。枝は緑色で基部でやや分枝して下部は地をはい、枝を多数立てて群生し高さ20-30cmになる。
葉は立ち上がった茎に輪生状に密に互生する。葉身は深緑色で厚くやや光沢があり、長さ3-8cm、幅2-4cmの卵状楕円形、上半部に1-3対の粗い鋸歯があり下部はくさび形。葉柄は無毛で長さ0.5-2cm。
花は茎頂の長さ3-5cmの穂状花序につく。雄花は多数つき、その下に雌花が5-7個つく。雄花、雌花とも花弁はない。雄花は無柄で萼片は白色~淡緑色で4個。長さ3mmほどの長楕円形で下に淡緑色の苞が数個ある。雄しべは4個で花糸は白色で太く、葯は茶褐色、内向きで長卵形。中央に退化した雌しべが1個ある。雌花はごく短い柄につき長さ1cmほど。萼片は淡緑色で長さ3mmの長卵形で4個。花柱は2個で反曲する。
果実は乳白色で長さ約1cmの卵形の核果。萼片の下に数個の苞がつく。
花期:3-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.3.24 東京都武蔵野市
フッキソウの花
上部に白く太い4個の雄しべを持つ雄花があり、下部に二又に分かれた雌しべを持つ雌花が見える。 2017.3.30 横浜市緑区

フッキソウ-2
核果は乳白色。 2003.9.20 秋田県角館町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。