フシグロセンノウ

フシグロセンノウ(ナデシコ科)[節黒仙翁]

山地のやや湿り気のある林の中に生える多年草。丈は0.5-1m、花は直径5cmほどで花弁の縁はほぼ全縁。朱赤色の花は遠くからもよく目立つ。背の伸びたものは倒れて咲いているものも多い。茎の節は太く紫黒色を帯びる。仙翁は中国産のナデシコ科の花の名といわれる。センノウの名のつくものはこのほかに花弁が燕尾状のエンビセンノウ、花弁の縁が浅く切れ込むマツモトセンノウなどがある。
花期:8-11月
分布:本・四・九
撮影:2004.8.7 仙台市青葉区

センジュガンピに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。