フユアオイ

フユアオイ(アオイ科)[冬葵]

名は、冬でも葉が青々としているからとも、春から冬まで花が見られるからともいわれる。
東アジア原産で、平安時代の「延喜式」に栽培の記録があり、かなり古い時代に中国から渡来したと考えられる2年草または多年草。万葉集で「葵花」と詠まれたものは本種であると推定されている。
海岸の草地や人家付近、畑に生え、茎はほぼ無毛で直立し、高さ0.6-1mになる。写真のものは波しぶきを浴びるようなところに生えていた。
葉は長い柄があって互生し、心臓形~腎円形で掌状に5-7裂し、裂片は半円形から3角形で縁に鈍い鋸歯があり、基部は浅い心形で両面にまばらに毛がある。
葉腋に直径約1cmの小さな花を数個ずつつける。小苞は卵形。花は白地に紫色の縁取りがあるか、または淡紅色で花柄はごく短い。花弁は5個、長さ5-8mmの倒心臓形。萼は5深裂し、裂片は長さ0.6-1cmで果期に著しく膨らんで果実を包む。雄しべは10個で花糸の基部は合着し、1個の雌しべを取り囲む。
果実は扁平、8個の分果が輪状に並び、分果の背面には網目状の脈はない。種子は直径約2mmで側面や背面に脈がある。
変種のオカノリは葉にしわが多く、古くから野菜として栽培され飼料にもされた。
花期:7-12月
分布:帰化植物
撮影:2008.12.13 青森県八戸市
フユアオイの果実
花後、萼は膨らんで果実を包む。 2008.12.13 青森県八戸市

フユアオイの葉
葉の切れ込みは浅い。 2008.12.13 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。