イカリソウ

イカリソウ(メギ科)[碇草・錨草]

花の形からの命名。山地の雑木林の下に多い多年草。高さは20cmほどで、花色はピンクのほかに白花もある。漢方で強壮薬として用いる。乾燥させたものを煎じて服用するか焼酎等に漬けて飲用する。薬理実験で降圧作用、抗ウイルス作用、精液分泌促進作用が認められているという。本州以北に生育するとされているが、東北北部で見るイカリソウはキバナイカリソウばかりで、本種は生育していない。
花期:4-5月
分布:北・本
撮影:2008.4.28 山梨県都留市
イカリソウ-2
2013.5.12 仙台市太白区

キバナイカリソウに戻る  


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。