イナカギク

イナカギク(キク科)[田舎菊]

日当りのよい山地の草地や林縁に普通に生える多年草で、茎は細く白い軟毛が密生し、高さ0.5-1mになる。大きくなると倒れて他の草に寄りかかって伸びる。
葉柄はなく、葉は基部はやや茎を抱き、長さ6-15cm、幅1.5-4cmの長楕円状披針形で、先は長く伸び、しだいに細くなってとがる。縁にはまばらな鋸歯があり、両面に白い軟毛が密生しビロードに似た感触がある。
茎頂で散房状に花序の枝が分枝して、直径2cmほどの頭花を多数つける。総苞は長さ5mmの鐘形。舌状花は白く、中心の筒状花は初め黄色で、しだいに色が抜けて白緑色~淡褐色になる。果実は痩果で長さ4mmの冠毛がある。
別名ヤマシロギクというが、シラヤマギクと混同しがちであること、シロヨメナの別名でもあることから、混乱を避けるため、この別名は使わないほうがいい。
よく似たシロヨメナは茎や葉にまばらに毛がある程度で、イナカギクのように密生せず、葉が茎を抱くこともない。
花期:9-11月
分布:本(東海地方以西)・四・九
撮影:2015.11.22 京都市左京区

ゴマナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。