イヌハギ

イヌハギ(マメ科)[犬萩]

名はハギに比べ花が目立たず地味なので「イヌ」の名を冠してつけられた。河原や海に近い日当たりのよい砂地に生える半低木で、高さ1.5mになる。全体に黄褐色の軟毛が密生し、頂小葉は大きく、長さ3-6cm。長さ0.8-1cmで帯黄白色の花が枝先に総状に集まって咲く。また閉鎖花が葉腋に多数集まってつく。絶滅危惧II類(VU)。
花期:7-9月
分布:本・四・九・沖
撮影:2004.8.28 青森県東部

ネコハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。