イヌハギ

イヌハギ(マメ科)[犬萩]

名はハギに比べ花が目立たず地味なので「イヌ」の名を冠してつけられた。ネコハギよりも大きいことからついたという説があるが、「ネコハギ」の名はイヌハギより全体に多毛なことからついたという説があることを考えると悩ましい。イヌハギが先かネコハギが先か、よくわからない。
河原や海に近い日当たりのよい砂地に生える半低木状の多年草で、茎は直立して上部で分枝し、高さ1-1.5mになる。全体に黄褐色の軟毛が密生する。絶滅危惧II類(VU)。
葉は互生し、長さ2-3cmの柄がある3出複葉で、頂小葉は長さ3-6cm、幅1.5-3cmの長楕円形~卵状楕円形で先は鈍形。
茎頂や上部の葉腋から出る長い総状花序に、黄白色で長さ0.8-1cmの蝶形花が多数つく。萼は長さ約6mmで黄褐色の立毛が密生して5深裂し、裂片は長さ4mmの狭披針形で先は針状にとがる。花は黄白色~白色で、旗弁は長さ0.8-1cmの長楕円形。翼弁は短く、楕円形。竜骨弁は旗弁とほぼ同長。また閉鎖花が葉腋に多数集まってつく。
豆果は長さ4-5mmの楕円形の節果で、1種子を入れる。閉鎖花の種子はやや小さい。
花期:7-9月
分布:本・四・九・沖
撮影:2004.8.28 青森県東部
イヌハギ-2
2010.8.29 青森県三沢市

ネコハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。