イヌナズナ

イヌナズナ(アブラナ科)[犬薺]

ナズナに似ているが食べられないので「イヌ」の名を冠したといわれるが、ナズナとは別属。「イヌ」や「カラス」など動物の名を冠した植物名は結構あり、その多くは「役に立たない」とか「食べられない」という意味が込められたもの。
人家近くの畑や道端の草地に生える高さ10-25cmの2年草。しばしば群生するが、最近あまり見かけることが少なくなった。茎は丈が低く、単毛と星状毛が混生する。
葉は単葉で両面に白い軟毛と星状毛があり、互生する。根生葉は束生してロゼット状で越冬し、長さ1-4cm、幅0.8-1.5cmのへら状長楕円形、茎葉は長さ1-3cmの狭長楕円形で縁に粗い鋸歯があって基部は茎を抱く。
茎頂にまばらな総状花序をつけ、直径4-5mmの黄色の十字形花をつける。萼片は4個、長楕円形~楕円形で先は円く、背面に短毛がある。花弁は4個、長さ2-3mmの倒卵形で先は少しくぼむ。雄しべは6個で4個が長く2個が短い4強雄しべ。子房は上位。花柱は目立たず、柱頭は2個。花後に花序と花柄が伸びる。
果実は短角果で長い柄がほぼ水平に開出してその先につく。長さ0.5-1cm、幅2mmの扁平な長楕円形で、通常は短毛が密生する。種子は赤褐色で楕円形。
まれに短角果が無毛の品種があり、メイヌナズナという。
ナズナは果実がハート形。イヌガラシスカシタゴボウも花が黄色だが、イヌガラシは果実が長さ2cmほどと長く、スカシタゴボウは根生葉が羽状に切れ込む
花期:3-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2003.4.22 青森県南郷村

ナズナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。