イヌトウバナ

イヌトウバナ(シソ科)[犬塔花]

山地の樹林下や林縁などやや薄暗いところに生え、茎は4角形で下部ははって斜上し、高さ20-50cmになる多年草。
葉は長さ0.5-2cmの柄があって対生し、長さ2-5cm、幅1-2.5cmの卵形~狭卵形で縁に鋸歯があり、先はややとがる。質は薄く、まばらに毛があり、裏面には腺点がある。
トウバナ属の花は皆よく似ていて、塔のように段々に花をつける。茎頂と上部の葉腋に花序をつけ、花は白色の唇形花でわずかに淡紅色を帯び、長さ5-6mm、下唇は3裂して開出し、中央裂片が大きい。雄しべは4個で下側の2個が少し長い。萼は緑色の筒状唇形で長さ4-5mm。上唇は3裂してとがり、下唇は2深裂、著しい開出毛が密に生え、腺毛も混生する。
分果は長さ約0.6mmの倒卵円形。
屋久島に生え、葉の長さが1-2cmのものをヤクシマトウバナという。
ミヤマトウバナは本州以北に生え、萼の開出毛はまばら。ヤマトウバナは本州中部以西に生え、花は6-7月に咲き、茎頂部にまとまって花をつける。トウバナは田のあぜや湿った低山などに生え、4-8月に咲き、花は淡紅紫色。葉は卵形~広卵形で萼の毛は少ない。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2000.7.1 岩手県種市町

ミヤマトウバナに戻る トウバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。