イヌザンショウ

イヌザンショウ(ミカン科)[犬山椒]

サンショウに似ているが、香りが悪く食用にならないのでこの名がある。
日当たりのよい平地~低山に生え、よく分枝し高さ2-3mになる雌雄異株の落葉低木。枝に上下に扁平な刺が互生する。刺は長さ0.4-1cmで葉柄の少し下側に出る。若枝は無毛。
葉は互生し、長さ7-20cmで5-12対の奇数羽状複葉。小葉は短い柄があり、長さ1.5-5cm、幅0.5-1.5cmの長楕円形~広披針形で縁に目立たない低い鈍鋸歯があり、基部はくさび形、先はしだいに狭くなり微突端。葉軸にもばしば刺が出てごく狭い翼がある。鋸歯のくぼみに油点があり、柑橘系の香りがあるがあまりよくない。
枝先に長さ3-8cmの散房花序を数個つけ、淡緑色の小さな花を多数つける。苞はさじ形で小さい卵形。花弁は長さ1.5-2mmの長楕円形で5個ある。萼裂片も5個あり半円形。雄花の雄しべは5個、花糸は長さ2.5mm。雌しべは退化。雌花の雌しべは3心皮からなり、花柱は短く、柱頭は円盤状。
果実は3個の分果に分かれ、直径2-5mmの楕円状球形で紅褐色を帯び、熟すと2裂して種子を出す。種子は直径3-4mmの卵円形で黒くてしわはなく、光沢がある。
樹皮や果実は砕いたものを練って湿布薬とする。
まれに刺のないものがあり、トゲナシイヌザンショウという。イヌザンショウとカラスザンショウの雑種と考えられているものにコカラスザンショウがあり、両種の中間的な形態を示す。シマイヌザンショウは奄美大島以南に分布し、葉が細く表面の油点が大きくて多く、果実が小さいもの。
サンショウは似ているが、刺が対生につき、花が少なく花弁がないので区別できる。
花期:7-8月
分布:本・四・九
撮影:2005.7.30 秋田県能代市
イヌザンショウ-2

サンショウに戻る カラスザンショウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。