イラクサ

イラクサ(イラクサ科)[刺草・蕁麻]

刺のことを古語で「いら」といい、茎や葉面、葉柄に刺毛があるのでこの名がある。刺毛にギ酸を含み、誤って皮膚に触れると激痛が走る。
山地のやや湿った林縁や道端などに生え、高さ40-80cmになる雌雄同株の多年草。茎は4角形で、葉とともにギ酸を含む刺毛が多い。
葉は対生し、長さ5-15cm、幅4-10cmの卵形で縁に欠刻状の鋸歯があり、しばしば重鋸歯になり、基部は心形で先はとがる。両面に細点が多く、表面に伏毛がまばらにあり、裏面脈上に短毛がある。葉柄は葉身とほぼ同長。葉柄の基部に1対の托葉があり、2個が合着して長さ7-8mmの長楕円形になり、先が2裂することがある。各節に2個ずつつく。
花序は穂状で雌花序は茎頂部に、雄花序は下方の葉腋につく。雄花の花被片は4個で淡緑色。雄しべは4個。雌花の花被片は小型で4個あり、内側の2片が花後に大きくなって果実を被う。子房は1室、柱頭は1個で短い毛筆状。
果実は長さ約1mmの扁平な卵形の痩果で緑色。
全草を乾燥したものを蕁麻(じんま)といい、煎じてひきつけやリウマチに用いる。葉の汁はヘビにかまれたときの止痛、毒消しに用いるという。茎皮の繊維から糸を採り、織物(刺草織)の原料にする。若芽は山菜としておひたしや和え物などにされる。
深山に生え、山菜として有名なミヤマイラクサは別属で葉が互生して大きく、長さ8-20cm。
花期:9-10月
分布:本(福島県以南)・四・九
撮影:2017.10.12 神奈川県三浦市
イラクサの茎の刺毛
茎や葉にギ酸を含む刺があり、誤って触れるとしばらく苦しむ。 2017.9.29 神奈川県葉山町

イラクサの托葉
托葉は2個が合着して1個になったもの(先が2裂することが多い)が節ごとに2個ずつつく。 2017.9.29 神奈川県葉山町

イラクサの雄花
雄花。花被片、雄しべは4個。 2017.9.29 神奈川県葉山町

イラクサの雌花
茎頂には雌花がつく。 2017.9.29 神奈川県葉山町 

ムカゴイラクサに戻る ミヤマイラクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。