イシミカワ

イシミカワ(タデ科)

名は石膠、の転、石のような実と皮の意、大阪府河内長野市石見川の地名からなどの説があるが不明。
日当たりのよい湿った草地、河原、湖岸などに生えるつる性の1年草で、茎はよく分枝し、無毛で鋭い下向きの刺をもち、他のものに絡んで1-2m伸びる。
葉は長い柄があって互生し、緑白色で薄く全縁、長さ2-4cm、幅3-5cmの3角形で先は鈍い。つけ根に皿状の托葉があり茎はその中央を貫く。葉柄は下向きの刺があって葉の裏面基部寄りに楯状につく。托葉鞘の鞘部は短く上部は葉状で平開し、直径1-3cmの円形で茎を抱く。
茎頂や葉腋から長さ1-2cmの短い総状花序を出し、10-20個のまったく目立たない花が円い皿状の苞葉に乗るように固まってつく。花は小花柄は長さ約1.5mm、花被は緑白色で長さ3-4mm、5中裂してほとんど開かず、裂片は広楕円形。花後に残存花被が肉質となり、緑白色から紅紫色、藍色に変化して果実を包む。痩果は直径2-3mmのほぼ球形。黒色で光沢がある。
薬用には全草を秋に採取して日干ししたものを下痢、利尿、解熱、解毒に用いる。
ママコノシリヌグイは托葉鞘の先は幅1cm以下の皿状。花被は白色で先が紅色。
花期:7-10月
分布:日本全土
撮影:2006.9.23 青森県六ヶ所村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。