イワカラマツ

イワカラマツ(キンポウゲ科)[岩唐松]

名は、カラマツソウに似て岩場に生えることからついたもの。花期が主に初夏なので別名ナツカラマツという。
山地の日当たりのよい岩場や礫地にごくまれに生え、高さ0.5-1mになる多年草。
絶滅危惧Ⅱ類(VU)で産地は限られ、現在は青森、秋田、宮城、栃木、長野、香川の各県で生育が確認されているのみ。
茎、葉柄、小葉の両面、花序、萼の外面、雄しべ、痩果などに微腺毛が密生して粘る。
茎葉は2-4回3出複葉で小葉は青白色を帯びる。花序は円錐状で、花は花弁がなく4-5個の萼片は早く落ちる。雄しべは多数。痩果は無柄。
アキカラマツに似ているが、アキカラマツはほとんど腺毛がなく、8-9月に花が咲く。
花期:6-7月
分布:本・四
撮影:2006.7.23 青森県
イワカラマツ-2
イワカラマツの花。まだ萼片は落ちていない。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。