ジャノヒゲ

ジャノヒゲ(キジカクシ科)[尉の髭・蛇の髭]

別名リュウノヒゲといい、別名は細い葉を竜のヒゲにたとえてこの名がある。本名のジャノヒゲは、能の老翁の面を「尉(じょう)」といい、翁の面にある長いあご髭に見立てて尉の髭→ジャノヒゲと転訛したものとする説がある。
山野の林内などに生える多年草で耐陰性があり、庭の下草として植栽もされる。
匐枝を出して殖え、ひげ根を伸ばし、ところどころが長さ1-1.5cm、幅7mmほどの紡錘状に肥大して塊根となる。
葉は常緑で全て根生し、長さ10-30cm、幅2-3mmの線形で硬く光沢がある。縁に明らかな小鋸歯がある。
葉の間から高さ7-15cmの花茎を新葉とともに出し、淡紫色~白色で直径6-8mmの小花を下向きに総状に下から上に向かって咲かせる。花茎はやや扁平で狭い翼がある。苞は披針形。
花被片は6個で長さ6-7mmの楕円形。
花後に胚珠が膨らんで子房の壁を破り、初め緑色のちにコバルトブルーになって直径6-8mmの球形の種子をつける。液果に見える「竜の玉」は、種子本体(胚乳)を肉厚の種皮で包んでいる状態で、種皮をむけば乳白色の胚乳が現れる。種子は1花に6個までつくが普通1-3個が多い。
漢方では、紡錘状に肥大した根を日干ししたものを麦門冬とよび、咳止めや滋養強壮などの薬用とする。
カバープランツとして普通に栽培され、匐枝を出さないものをカブダチジャノヒゲ、葉が長くこんもりと繁るものをナガバジャノヒゲという。
よく似たオオバジャノヒゲは、葉の幅が広く、幅4-7mmある。
花期:7-8月
分布:日本全土
撮影:2016.7.1 神奈川県逗子市
ジャノヒゲ-2
葉は叢生し、オオバジャノヒゲより細い。
2016.7.1 神奈川県逗子市


葉をかき分けると現れるジャノヒゲの種子。これから瑠璃色になる。
2116.11.17 神奈川県逗子市

オオバジャノヒゲに戻る ノシランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。