カメバヒキオコシ

カメバヒキオコシ(シソ科)[亀葉引起こし]

名は、ヒキオコシの仲間で、葉の先端の裂片が亀の尻尾を思わせることからついたもの。
山地の林縁などに生え、高さ60-90cmになる多年草。茎は4稜形で下向きの短毛が生える。
葉は柄があって対生し、長さ5-10cm、幅4-9cmの卵円形で縁に鋭い鋸歯があり先端は3裂し中裂片が尾状に長く伸びる。
茎頂と上部の葉腋から長い花穂を出し、下から青紫色の唇形花を多数咲き上げる。花柄や萼には開出毛が密生する。花冠は長さ0.8-1cmで上唇は立ち上がって先は4浅裂し下唇は舟形。雄しべは4個で2個が長い。萼片は5個、3角形で先はとがる。上萼片の3歯は下萼片の2歯より長い。
果実は直径1-1.5mmの球形の4分果。
白花をつけるものをシロバナカメバヒキオコシという。
コウシンヤマハッカは葉柄に翼があり先端は3裂しない。
花期:9-10月
分布:本(東北南部~中部地方)
撮影:2008.9.14 群馬県みなかみ町
カメバヒキオコシ-2

シモバシラに戻る コウシンヤマハッカに戻る

クロバナヒキオコシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。