カモガヤ

カモガヤ(イネ科)[鴨茅]

明治初期に牧草として導入されて広がったヨーロッパ原産の多年草で、オーチャードグラスの名で知られ、高さ0.3-1.2mになる。緑化にも利用されたことから全国的に広まった。道端にごく普通に生え、スギやブタクサとともに花粉症の原因植物として嫌われている。実際はカモガヤ以外のイネ科の植物も花粉症の原因となっているらしい。夏風邪と思っていたものがこれが原因のアレルギーであることが多いようだ。
花期:6-8月
分布:帰化植物
撮影:2001.6.10 青森県南郷村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。