カノコソウ

カノコソウ(スイカズラ科)[鹿の子草]

上から見た蕾を鹿子絞りに見立ててこの名がある。オミナエシの姿に似て春に咲くので、別名ハルオミナエシという。
山野のやや湿った草地に生える多年草で、高さ30-80cmになる。茎は太く直立し、節に白い長毛がある。青森県では海岸の草地に生えるがごくまれ。
細長い地下茎を出し、根茎は太く、多数のひげ根を出す。
葉は対生し、根生葉は長い柄があって卵状長楕円形、花時には枯れてない。茎葉は羽状に全裂し、裂片は3-7個で広披針形、先はとがり縁に粗い鋸歯がある。
茎の先の密な集散花序に淡紅色の花が集まって咲く。苞は線形。花冠は直径3mm、長さ4-7mmで先が5裂して開出し、花筒の片側が少し膨れる。雄しべは3個で葯は2室、花冠から長く突き出る。萼は果時に冠毛となる。子房は3室で1室のみ結実する。
果実は長さ4mmの披針形の痩果。白色の羽状冠毛がある。
根茎は纈草根(きっそうこん)といい、精油を含み特有の香りがあり、精神不安の鎮静薬に用いられる。ヨーロッパ産のセイヨウカノコソウは成分が薄く、カノコソウのほうが効果が高いのだという。
白い花をつける品種をシロバナカノコソウという。
花期:5-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.6.13 青森県西部

ツルカノコソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。