カノコソウ

カノコソウ(スイカズラ科)[鹿の子草]

上から見た蕾を鹿子絞りに見立ててこの名がある。山野の湿った草地に生える多年草で、高さ30-80cmになる。葉は対生し、羽状複葉。茎の先に直径3mmほどの淡紅色の花が散房状に密に集まって咲く。花冠は先が5裂し、雄しべが花冠から長く突き出る。オミナエシの姿に似て春に咲くので、別名ハルオミナエシという。根茎は纈草根〈きっそうこん〉といい、特有の香りがあり鎮静薬に用いられる。
花期:5-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.6.13 青森県西部

ツルカノコソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。